FRENCH TIME

FRENCH TIME

1413
0

かねてからもう一度行きたいと思っていた国FRANCE。父と母は、若い頃それぞれ画家とフランス語通訳を夢見て日本からフランスへと旅立ち、偶然にも飛行機の中で出会ったそうです。私の名前:noemiはフランス語の聖書の中からとった言葉で、もし男だったら「noel」になってたようです。クリスマスくん、ですね。

小さい頃両親と住んでいたパリのアパルトマンを懐かしみ、思い出のかけらが見つかるかと大学時代の長い春休みを利用して2ヶ月程ひとり旅をしてきました。パリとコルマール(東部地方)を巡ったのですが、あの頃古くてボロいアパルトマンに住み着いていた遊び相手の灰色の猫はもういないし、今ではすっかり忘れてしまって耳慣れないフランス語…ジュヌポぺーム?まるで語感は宇宙語のようでした。

でもなぜか道を歩いていると幸せな気持ちになるのです。 幼い頃に遊んだおもちゃやビーズの色は、今も変わらずフランスの色彩として草木や街中に存在し、嬉しくてついシャッターを押してしまいました。東京と比べるととても自然が豊かで、人々は流行に流されず古くからの良いものを大事にし、それぞれ自分なりの生活スタイルを確立しているようです 。見てきた中でも、田舎の人達が石造りの家を自分で建ていたのには特にびっくり!