おじいちゃん 94歳のバー...

おじいちゃん 94歳のバースデー

2182
0

昨日、シルバーホームにいるおじいちゃんの94歳のバースデーをお祝いしてきました。
20101224-10122401.jpg
ラコステのチョッキをプレゼント☆白髪には薄めの色が似合います。
夏場に1度胃腸の調子を崩していがました、その後の栄養療法で随分顔色がよくなりました。
20101224-10122402.jpg
おじいちゃんの青春時代、『思い出の軍隊生活』からの写真。戦地へ少年兵として渡ったのは、昭和13年(祖父21才)の頃。第二次世界大戦終了まで6年間、中国 黒竜江の近くのペイチアンにいました。そこは中国とロシアとの境目で、おじいちゃんは山の上の陣地から国境付近を毎日警備していたそうです。戦争と聞くと過酷な印象しかない私達ですが、日常としての暮らしがそこにあったそうです。たまにスキーやスケートをやったり、お祭りで仮装パレードをおこなったり、と。いまでもよく思い出すのはこの軍隊時代のこと。共に毎日警備をしていた中国の兵士さんとも仲良くなり中国語を今でも喋ってくれます。
20101224-10122403.jpg
そしてうれしい報告がありました。弟夫婦に来年の夏こどもが生まれるそうです。おじいちゃんにひ孫を見せるのが夢だったので、本当によかった!
帰りにグリーンガーデンという二子玉川高島屋の別館にある園芸店で、平和の象徴であるオリーブを購入。オリーブの枝は、ハトとともに平和の象徴とされることが多く、これは以下のような一節に基づいているそうです。
『旧約聖書』
〜神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。これを見たノアは、洪水が引き始めたことを知った〜